FC2ブログ
黒田のランドスケープガーデナー日記 kuro-garden diary
宮崎の緑豊かな大地の景観づくりから ガーデニング。そして先人たちの郷土愛に満ちた花とみどりによる真の豊かさの理念なども 次世代の人に熱く伝えていけたら・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のっぽのワシントニアパーム その2
昨年の11月14日に「その1」をアップして4か月が経ちました。
その間、国土交通省が宮崎のワシントニアパームについて
アンケート調査を実施し、その結果が先日の新聞に載っていました。
DSC_0323.jpg

アンケート調査結果に、個人的には正直なところ「ホッと」しています。
宮崎市内から、南へ宮崎空港、宮崎県総合運動公園、青島そして
日南海岸ロードパークへと続く国道220号宮崎南バイパスの道路の中央分離帯に
ワシントニアが連続して植えられ、その数は800本以上です。

昭和54年、今からもう34年も前に「日本のふるさと宮崎国体」が開催されましたが、その時に
メイン会場の宮崎県総合運動公園と宮崎市内を結ぶ道路(国道220号宮崎南バイパス)
が建設され、このワシントニアパームが植栽されました。


当初植栽時には3mほどだった樹高が現在では15mを超す高さになりました。
このヤシの木は別名「おきなやし」「ペチコートヤシ」とも言われ、
名の通り、ヤシの葉が枯れて次から次と垂れ下がる姿が本来の姿です。

いつの日からか、この枯葉が取り払われて、普通の?ヤシの姿になってしましました。
アメリカのカリフォルニアのパームは、枯葉をたくさん蓄えた本来のパームの街路樹が
たくさん見られます。

枯葉と取り去った理由は、枯葉が路上に落下し車等に危険だがらです。
過去10年間に車を傷つけた事例が9件ほどあったそうです。

また、枯葉の撤去はクレーン車で行っていますが、これ以上伸びると届かなくなる
心配もあるということです。


そうしたことから、このワシントニアパームの今後について、アンケートが実施されましたが
「85%が残してほしい」との結果が出ました。
「宮崎らしい」「南国イメージ」といった印象が多く、県民の多くがこの伸びすぎるワシントニアパームに
愛着を持っていることがわかりました。

 アンケート実施期間中「なぜ宮崎にワシントニアパームを植えたっちゃろかい(植えたのでしょうか)」
ということを多く聞かれました。

 「なぜ?」よく聞いてくださいました。そこには、宮崎を思う先人たちの熱い思いが込められているのです。 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kuroda1122.blog.fc2.com/tb.php/25-70b5c2bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2USER467958AIS

Author:FC2USER467958AIS
宮崎の自然を愛し、花と緑の美しい故郷づくりを定年後も追い続けながら、そろそろ次世代へバトンタッチを



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最新記事



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。