黒田のランドスケープガーデナー日記 kuro-garden diary
宮崎の緑豊かな大地の景観づくりから ガーデニング。そして先人たちの郷土愛に満ちた花とみどりによる真の豊かさの理念なども 次世代の人に熱く伝えていけたら・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景観の日によせて
 6月1日は「景観の日」です  第4回 『ブログde景観ギャラリー』 なるものに参加してみました。
景観を難しく考えずに、日常生活の中でいいなと思ってカメラに収めた5月の写真です。 よろしく。

大分 久住山登山道  (周りは絶景、でもきつくて山ガールに次々と追い抜かれました。)
DSC_0625-1.jpg

大分 大分駅南口 (かつらの木の街路樹です。下を通ると甘い香りがします。今 大分駅周辺開発はすごい。)
DSC_0743-1_20140531063058f96.jpg

大分 佐伯市の街路樹 (既存の大木を生かして道路が作られています。これだけで佐伯はいい町の印象)
DSC_0720-1.jpg

福岡 ヤフオクドーム交流戦 ソフトバンクー阪神戦 (7回裏のソフトバンク側 でも阪神の方がすごかった。元気景観)
DSC_0038-1.jpg

福岡 博多駅前 (宮崎市より博多の方が 街全体みどりみどりしている感じです。残念ですが・)
DSC_0059-1.jpg

鹿児島 垂水 国道の沿道修景 アコウの木(宮崎にもないスケールの大きな道路公園です)
DSC_0067-1.jpg

熊本 馬見原(若山牧水が「馬見原ハ シャレタマチナリ」といったことを誇りに、今もみんなでしゃれた町づくりを実践)
DSC_0229-1.jpg

宮崎 道の駅フェニックス(真っ白な雪をかぶったようなメラウレカの花や真っ赤なサンゴシドウなどが今見ごろ)
DSC_0190-1.jpg

宮崎 グロガーデン (今年はバラとブーゲンビリアが同時に咲いてしまいました。)
DSC_0592-1.jpg

スポンサーサイト
今年の君は特にきれいだよ。
5月の連休が明けたころに、マイガーデンの花壇は開花がピークになりました。
DSC_0417-1.jpg

DSC_0405-1.jpg

DSC_0292-1.jpg

DSC_0295-1.jpg


数種のバラ、ジギタリス、オルラヤ、カンパニュラ、アグロステンマ、近年の定番の花です。
DSC_0297-1.jpg


マイガーデンの花はどこのガーデンよりもなぜか背が高くなり「のっぽガーデン」と言われたりもします。
DSC_0440-1.jpg

褒められたことではなく、単に肥料(寒肥)のやりすぎ。
理由はバラの寒肥の時に、周辺に肥料をばらまいているからです。今年から花壇の肥料は控えめにします。

今年は、バラが例年になくきれいでした。
その理由は 肥料? 天候?、冬場の枝の誘引?、技術の向上?よくわかりませんが、
一番はバラが、我が家に馴染んできたことかな。
DSC_0485-1_20140514185205905.jpg
DSC_0468-1_201405141852579e2.jpg
DSC_0469-1.jpg
DSC_0476-1.jpg
DSC_0481-1.jpg
DSC_0489-1.jpg
DSC_0478-1_20140514185809dec.jpg
DSC_0479-1.jpg
DSC_0492-1.jpg
これまでのピエール・ド・ロンサール、アンジェラ、アイスバーグに加え、ポールス・ヒマラヤンムスク、
春風、サハラ98 、ゴールドバニー、バレリーナなどを植え込み年ごとににぎやかになってきました。(もうこれ以上植える場所はありません)

今年の特筆すべきことは、 玄関の左右にある、世界3大花木ジャカランダ(右)と世界3大造園木の高野槇(左)
の間をツルバラ ポールス・ヒマラヤン・ムスクがわずか2年で覆い尽くしました。
(特に意味はありませんが、いずれも名前からなんとなく大きなスケール感が・・・・・・・・?)

DSC_0442-1.jpg

このジャカランダ、現在つぼみが成長中。6月初めに上空はむらさきの花1色になります。
DSC_0570-1.jpg




今年の「さど」(いたどり)食べましたか?
 小さいころに、今の季節 谷川沿いに芽を出す「さど」を誰よりも先に見つけ、根元からポンともぎ取ってそのまま皮をむいて食べることが楽しみでした。

 この話をこれまで多くの方に話してきましたが、県外の方には「さど」の名が通用しませんでした。
調べてみると「いたどり」が一般名のようで、全国に700余りの方言があるそうでそれだけ身近な植物のようです。

 いろんな料理方法もあるようですが、生食のあの独特の酸っぱい味、忘れられません。
今年は、国道219号の西都市と西米良村間の道沿いで見つけ、食べることができました。

DSC_0432.jpg

DSC_0436.jpg

また、この時期ならではの山の魅力も堪能しました。カシやシイの新緑、さらに九州山地の奥では山桜もまだ見れます。
DSC_0441_20140426225014dff.jpg

DSC_0406-1.jpg

沿道で山村ならではの素敵なガーデニングも見ることができました。
DSC_0385.jpg

日向市の景観まちづくり
先日 日向市の景観賞表彰式、景観講演会が開催されました。

日向市内の気に入った景観の写真を市民から募集したところ、200件近くの応募があり3名の方が表彰されました。

img002.jpg
この3名以外にも素晴らしい写真が多数ありました。
景観づくりは、まずは身の回りに良いところがあることに気付くことが大事ですね。

DSC_0052.jpg

講演会の講師は、道の駅南郷駅長 別名ジャカランダの横山さん、フローランテ宮崎の横山課長さん。
両横山さんは、それぞれの立場で宮崎の美しく優れた自然環境を活用した豊かな郷土づくりを実践されておりますので、 そのお話に会場いっぱいの参加者は真剣に聞き入っていました。
DSC_0065.jpg

日向市では市長のマニフェストに「日向市全市公園化」を掲げ、現在その構想を作成中です。
その概要も会場に展示されていました。
DSC_0053.jpg


向市は、自然を愛した歌人若山牧水の生誕地、太平洋の荒波が打ち寄せるサーフィンのメッカなど、誇れる豊かな自然が数多くあり、そこでの「全市公園化」実現!       楽しみです。 
マイガーデン 春近し
DSC_1151_201402150158008ca.jpg
花壇に昨年植えた植物が、最近の雨で成長を始めたようです。

例年、春花壇を彩る「ジギタリス」「カンパニュラ」「ラムズイヤー」「オルラヤ」
「アグロステンマ」「ルピナス」などの苗もの

昨年の末から咲き続ける「パンジー・ビオラ」「ジュリアン」
花好きの孫と植えたチューリップも芽をのぞかせています。
これらが咲き誇るころ、花壇のバックのバラ「ピエール・ド・ロンサール」「アンジェラ」
「アイスバーグ」など。
今年は、ヒマラヤンムスクがすくすくと伸びて、桜のような花をたくさん咲かせてくれそうです。

そうした花も、グリーンの芝生があれば、さらに鮮やかになります。
10月に高麗芝に冬芝をオーバーシードし、以来冬もグリーンのじゅうたんを保っています。

昨年の4月の状況です。今年はどのようになりますか・・・・・・
 DSC_1110.jpg



DSC_1149_2014021423325315d.jpg

DSC_1151_201402150158008ca.jpg


DSC_1118_201402142328530cd.jpg

DSC_0408_201402150223023ae.jpg


 これまでガーデニングはご婦人方とのお付き合いがほとんどでしたが、
今年からは職場退職者の趣味の会の「殿方ガーデニング」も加わりそうです。



プロフィール

FC2USER467958AIS

Author:FC2USER467958AIS
宮崎の自然を愛し、花と緑の美しい故郷づくりを定年後も追い続けながら、そろそろ次世代へバトンタッチを



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新記事



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。